台湾留学の特徴と語学学校について

台湾留学の特徴と語学学校について

スタディアブロード公式
スタディアブロード公式

台湾は日本人観光客に親しまれている人気の国ですが、ビジネスでも必要になりつつある中国語が学べる留学先としても人気があります。

台湾は比較的治安が良く、アジアの中でもトップクラスの親日国です。

英語の次に日本語を学ぶ学生が多いこともあり、日本人留学生にとって住みやすい環境が整っています。

台湾語学留学の特徴

留学費用が安い

台湾の語学留学は費用が安く、また、物価が安いのが特徴です。1ヶ月の台湾語学留学にかかる費用は、寮に滞在した場合は平均で15万円、ホームステイをした場合は平均20万円です。

欧米の語学学校への留学と比較すると、費用は圧倒的に低く済むでしょう。

繁体字を使う

中国語には2種類あります。「繁体字」という画数の多い漢字を使う言葉と、繁体字を簡単に書きやすくした「簡体字」です。

中国では簡体字がメインに使われていますが、台湾は繁体字を使用しています。繁体字の方が日本語の漢字に近く、日本人には馴染みやすいと言われています。
学校では台湾以外でも通用する中国語を学びますので、中国本土でも台湾で習った中国語を使えます。

日本と似た環境や文化

台湾では日用品、書籍、食品等、日本にあるものならほぼすべて買い揃えることができます。ショッピングモールや飲食店、コンビニも日本と同じようにあり、生活に不便することはないでしょう。

治安も良く、他の国と比較しても危険な地域や地元民も立ち入らないような地域もありません。
日本と比べると軽犯罪は少し多いようですが、殺人や強盗などの重犯罪が多い国等と比べると、安心して勉強に集中できる環境が整っていると言えるでしょう。

90日以内ならビザ不要

日本人が台湾に渡航する場合、90日間以内の滞在であればビザが必要ありません。一方、中国本土の場合は15日間以上の滞在の場合、留学生ビザの取得が必要です。台湾短期留学は手続きも少なく簡単です。

台湾の中国語

台湾では伝統的な中国語表記(繁体字)が使われていますが、台湾で普通語を学べないのではないか、と心配する必要はありません。

例えば、スペインのバルセロナでスペイン語を学ぶ時、現地の人はカタルーニャ語を話しますが、語学学校では標準スペイン語が教えられています。台湾での中国語留学も同じです。

中国語と英語の2カ国語留学も可能

台湾は英語教育にも力を入れていますので、台湾で英語も学ぶことができるのが魅力です。

台湾の語学学校

様々な国の友達を作りながら中国語を学びたいなら、語学学校の少人数グループレッスンがびったりです。

LTLマンダリンスクール台湾校

LTLマンダリンスクールはドイツ人が設立した語学学校で、スタッフは全員英語が堪能です。
北京の本校をはじめとし、中国各地やシンガポールにもキャンパスを構え、欧米の学生が多く在籍しています。
台湾校は信義安和駅から徒歩約7分のビジネスエリアにあります。

LTLマンダリンスクール台湾校の特徴

  • 簡体字または繁体字が選べる
  • 資格を持った最高評価の教師陣
  • 1週間から受講可
  • 1レッスン60分
  • 平均3名以下の少人数レッスン
  • 最大5名の生徒
  • 世界中の友達ができる
  • 毎週開催される様々なアクティビティ

授業では中国語学習に関連する全てのエリアをカバーします。LTL台湾校の少人数グループレッスンは特にスピーキングに力を入れており、レッスンの70%をスピーキングに、残りの30%をリーディングとライティングにあてています。

講師は全員が中国語教授の学位を所持しており、少なくとも5年以上の経験を持っています。講師の目が行き届く少人数の環境でしっかりと学ぶことができます。

効果的に中国語のスキルを伸ばしたい場合にはホームステイを組み合わせることもできます。住居探しが容易でない台湾において、LTLはホームステイを紹介しており、生徒の80%がホームステイを選んでいます。

LTLによって厳選されたホストファミリーは英語を話さず、コミュニケーションは全て中国語です。 授業で学んだ中国語を積極的に使って、リスニング力とスピーキング力を大幅に上達させることができます。
ホームステイでの経験は台湾の人や文化、言語に触れ、台湾留学を豊かにすることができるでしょう。

さらに、有料オプションの「コネクションキット」は、 学校が中国語を話す現地のパートナーを2人紹介してくれるシステムです。コネクションキットを利用すると、台北到着後すぐに共通の趣味や興味を持ったパートナーを2人紹介してもらえます。
パートナーに母国語を教える代わりに、中国語を教えてもらったり、お互いの国の文化の違いや食事など様々なことを話せます。

まとめ

日本のあらゆるビジネスシーンにおいて、 英語と中国語がのスキルがますます求められるようになってきました。治安もよく、便利で暮らしやすい環境も整っている上、親日家の多い台湾ならどなたでも安心して留学生活を送ることが出来るでしょう。

中国語だけでなく、英語も同時に学ぶことも叶う台湾留学は、就職やキャリアアップを有利に進める武器にもなります。まずはビザの不要な短期留学を試してみるのもよいでしょう。

LINEで質問