留学生保険「guard.me」について

留学生保険「guard.me」について

スタディアブロード公式
スタディアブロード公式

短期・長期にかかわらず、留学する際には保険に加入する事が重要です。

一般的には、海外の医療機関は治療費がとても高額で、救急車も有料の場合がほとんどです。

無保険で現地の医療を受けた場合、大変高額な医療費を請求されることになります。
例えばカナダで一晩入院すると3,000ドル(約27万円)、手術では10,000ドル(約89万円)もの費用が発生することもあります。

また、保障が不十分な保険のために、保障されると思っていたのに自己負担になってしまう等、留学生活に影を落としてしまうことにもなりかねません。

保障内容が不十分であると判断された場合、学校の一部のアクティビティへの参加を断られる場合もあります。

留学生活を安心して過ごすためには、しっかりした保険に加入することが非常に重要です。

留学生を受け入れている世界中の語学学校や大学・カレッジ等では、保険料が非常に低くかつ手厚い医療補償がある「guard.me」(ガードミー)という留学生保険を案内しています。

加入は学校の入学申請時にもできますし、現地に到着してからでも可能です。入学申し込み時に自動的にguard.meが含まれている大学・カレッジや語学学校もあります。コロナ罹患時ももちろん対応しています。

現地の病院を探す際は、guard.meのウェブサイトでログインをし、近くの病院の情報を得ることができます。
保障内容や保険料は国によって異なります。

guard.meの特徴

カナダの場合

  • 一日あたり$2(約180円)で加入可能(最短14日間から)
  • 留学先の国から他の国への旅行中も保障
    例: カナダ留学中にアメリカに旅行する場合、30日まで保障
  • 保障限度額は200万ドル(概算1億7千万円相当)
  • 日本から加入の場合、飛行機搭乗時から保障対象
  • 治療・入院・処方薬・救急車は対象費用全額保障
  • 家族の救援費用(航空券代(上限5000ドル)+ 現地費用)
  • 航空輸送費は全額保障
  • 6か月以上加入の場合は歯科治療保障(上限600ドル)
  • 事故に伴う歯科治療は上限4000ドル
  • 盗難・物損保障はなし

イギリスの場合

  • 1日あたり1.5ポンド(約230円)で加入可能(最短1週間から)
  • 70歳まで
  • キャンセル時、7,500ポンドまで保障
  • 遅延時80ポンド保障(12時間毎に20ポンド)
  • 乗り遅れ時、7,500(最大)まで保障
  • 荷物遅延 100ポンド、荷物の紛失 は2,000ポンド保障
  • 緊急医療費・本国送還費用は10,000,000まで保障
  • 緊急歯科医療費は150ポンド
  • 留学先の国から他の国への旅行中も保障
    例: イギリス留学中に他国へ旅行の場合、21日まで保障
  • 盗難・物損保障はなし
  • 個人賠償責任 £2,000,000

他の保険同様、既往症の治療中や医師の指示に反し旅行をした場合等は保険が適用されません。
上記の日本円概算額は、お知らせ発生時のレートを適用したものです。

guard.me(ガードミー)について

guard.me International Insuranceは、国際教育における世界最大の保険会社のひとつです。 1998年にカナダで設立されて以来、顧客に焦点を合わせたアプローチとカスタマイズされたサービスが評価され、国内外で数々の賞を受賞しています。

語学学校・高校・大学・カレッジで20年以上の経験を持つguard.meは、留学生活の安心と安全を提供しており、現在では北米・ヨーロッパ・中東・アフリカ・ラテンアメリカを含む世界中にオフィスを構え、世界中の留学生をサポートしています。

guard.meは教育機関や業界団体と連携して、留学生のニーズに合った保険サービスを開発しています。guard.meは、国際教育の分野への長期投資の一環として、奨学金や財政的支援の形で定期的にコミュニティに還元しています。長年にわたりguard.meは、これまでにカナダの3つの大学の学生センターやトルコ全土の図書館への資金提供等、国際教育を支援するために300万ドルを寄付しています。

最近では、留学生向けに業界初のメンタルヘルスサポートプログラム「keep.meSAFE」を開始しました。このサポートプログラムは、昼夜を問わずいつでもすぐに母国語で話が通じるカウンセリングを提供します。

学生は電話・オンラインチャット・ビデオ・Eメールのほか、直接専門のカウンセラーと繋がることができます。留学生専門のkeep.meSAFEは、既存のキャンパス内カウンセリングサービスと補完するように設計されており、各学校に合わせて完全にカスタマイズされています。

留学生保険「guard.me」のまとめ

guard.meは日本の留学保険商品と比べ、大変リーズナブルな価格で手厚い医療補償を受けることのできる保険です。
盗難や携行品保障はないため、心配な方は日本から適宜、盗難・携行品補償のある留学保険に加入した上で、追加の保障として利用すると安心です。

guard.meは上述のカナダやイギリスの他にも、マルタやイタリア、アメリカ等、多くの国で加入できます。

提携病院やクリニックを利用の場合にはキャッシュレスでの受診が可能なので、その場で診察料を支払う必要がありません。

立替えが必要な場合、保険の請求はguard.meのウェブサイトから行うことができますが、英語での対応になります。
英語での手続きが不安な方はエージェント経由で申込み、サポートしてもらうと安心かもしれません。

留学・ワーキングホリデーのご相談

手数料0 今月の無料
プレゼント