University of Hawaiʻi at Mānoa – HELP

  • Flag アメリカ留学

ハワイ大学マノア校附属英語プログラム - HELP

ハワイ大学マノア校でのキャンパスライフ。大学進学に必要なスキルを学び、条件付き入学を目指せるプログラムです。

ワイキキの中心部からバスで20-30分ほどのハワイ州立大学・マノア校。広大な敷地で開講されているHawai’i English Language Program(HELP) は、ハワイ州立大学の第二言語教育学部によって1971年から運営されている集中英語コースです。
HELPにはアメリカの大学進学を目指す方学生が多く学んでいますが、仕事やその他の目的のために受講される方も在籍しています。
ハワイ州立大学のキャンパスの利用も可能なため、ハワイで大学生活を体験をすることができます。

HELPのメインプログラムであるインテンシブESLコース「アカデミックイングリッシュプログラム」では、リサーチ、ライティング、授業のノート取り、プレゼンテーションなど、アメリカの大学で必要なスキルを学ぶことができます。参加資格は高校卒業以上です。一定のレベルでプログラムを修了した生徒は、ハワイ州立大学やカピオラニコミュニティカレッジに条件付きでの進学が可能になります。

授業は毎週月曜日から木曜日まで、1日4クラスのスケジュールです。春と秋に4回提供される8週間のコースは学生ビザの取得が必要です。夏季の4週または6週のコースは週16時間未満のため学生ビザは不要です。いずれのコースも最初から最後まで受講することが必要であり、コース途中の入学はできないために注意が必要です。

1クラスの人数は6-16人で、4段階のレベル(100・200・300・400)があります。
レベルによって必須科目を2から4、選択科目を最大2科目受講します。また、条件を満たしている学生にはインターンシップの機会もあります。

毎週行われるアクティビティでは、フラやハイキング、ボティボードをしたり、ハワイならではのカルチャースポットを訪れたりする機会があります。

その他、プライベートレッスンやTOEFL対策コース、CELTAコースなども開講しています。ハワイ州立大学はもう一つのESLプログラム「NICE」プログラムも提供していますが、HELPのほうがよりアカデミックで大学編入希望者向けの内容になっています。
HELPはハワイ州立大学の生活を体験しながら、同大学またはアメリカの他大学進学に向けて準備ができるおすすめのプログラムです。

学校名 University of Hawaiʻi at Mānoa – HELP

  • 開始日

  • 終了日

ハワイ大学マノア校附属英語プログラム - HELP概要

語学学校
University of Hawaiʻi at Mānoa - HELP
所在地
Hawaii English Language Program
1395 Lower Campus Road, MC 13-1, Honolulu, HI, 96822, USA
学べる言語
英語
レベル数
4
1クラスの人数
6-16名
受講最小年齢
17歳(高校卒業者)
滞在先
ホームステイ、学生寮、ドミトリー、コンドミニアム等の手配可
LINEで質問