英語圏以外で英語留学ができるドイツ留学のおすすめポイント

英語圏以外で英語留学ができるドイツ留学のおすすめポイント

スタディアブロード公式
スタディアブロード公式

留学先を決める時、先ず思い浮かぶのはイギリスやカナダ、アメリカ、ニュージーランド、オーストラリアなどの人気の英語圏の国だと思います。

しかし、これらの国への留学にはそれなりのまとまった費用がかかる傾向にあります。

費用を抑えるため英語圏以外の国での語学留学を検討する方のために、ドイツの英語語学留学のおすすめポイントをご紹介します。

おすすめポイント1: 物価が安い

ヨーロッパでも治安のよいドイツでは意外にも生活費が安く済みます。とくに食料品は激安で、自炊する方は生活費を大幅に抑えることができます。

ドイツの平均的な物価:

  • ビール6本 約570円
  • 牛乳1リットル 約120円
  • りんご6個 約150円
  • ミネラルウォーター1リットル 約23円
  • ランチ 約1300円-約2000円
  • ルームシェア 約63,000円(都市により異なります)
  • ワンルームアパート 約88,000円(ベルリンの場合)
  • タクシー 初乗り約500円、以降1キロ毎に約250円

食費や交通費はとても安く済みますが、年々、都市への人口の流入が止まらず、家賃の上昇が加速しています。
そのため、かなりの激戦を経てやっと借りれるという人もいます。
日本より物価が高いのは電気・水道代、チップを払うレストランでの外食代などです。

おすすめポイント2: 英語が通じる

ドイツで話される言語はもちろんドイツ語ですが、若者はほぼ100%が英語を話します。
ドイツ人の英語力の高さは大学の授業も英語のみで授業が行われている大学もいくつかあるほどです。基本的に大都市ではどこでも英語は通じます。しかし、スーパーや小さなお店、電車内、役所の書類などはすべてドイツ語です。短期滞在でも最低限のドイツ語の会話フレーズなどは覚えておきたいものです。

おすすめポイント3: ヨーロッパ旅行を手軽に楽しめる

ドイツはヨーロッパの真ん中にありますので、近隣の国々に簡単に、しかも格安で行くことができます。

ヨーロッパの古い歴史や美しい建造物、自然に興味がある方は一度の留学で何カ国も訪れることができるのでおすすめです。

デメリット:

ドイツに英語の語学留学をする最大のデメリットは、多少なりとも少しのドイツ語の知識が必要になることです。

しかし、ドイツならではの音楽のプライベートレッスンやドイツ語のレッスンを英語コースにプラスして同時に学ぶことも可能です。

ヨーロッパやドイツ、ドイツ語に興味がある方であれば英語語学留学の候補として、ドイツは是非おすすめです。

留学・ワーキングホリデーのご相談

手数料0 今月の無料
プレゼント