親子留学におすすめの留学先

親子留学におすすめの留学先

スタディアブロード公式
スタディアブロード公式

予定を調整しやすい幼稚園から中学生くらいまでのお子様と、親子留学に出かけるご家庭が多くいらっしゃいます。
年単位で親子留学をされるご家庭もありますが、ここでは1週間から1ヶ月程度の短期の親子留学についてご案内します。

親子留学のメリット

こどもが安心して学べる

一般的に留学というと、高校生や大学生以上の方がひとりで海外に学び行くことを想像しますが、親子留学の最大のメリットは、ひとりではまだ海外に出すのが心配な幼少期から留学を経験できるという点にあります。
現地で親子が共に留学することは、年齢が小学生であれ中学生であれ、お子様に保護者が現地で一緒にいるという大きな安心感を与えます。そのため、ホームシックに悩むことはありません。また人生経験が豊富な保護者がそばにいることで、カルチャーショックも上手に対応できます。
親子留学は親と子供がそれぞれ別のプログラムで学ぶのが基本なため、独立した環境下で同年代の仲間との学びや交流を通してお子様も語学力だけでなく自立心を高められる機会があります。

大人向けのプログラムは半日以下のものもありますので、お子様が夕方までプログラムに参加している間、観光やショッピングをゆっくり楽しむ時間など作れるのも魅力です。

親子の絆を深められる

普段の忙しい生活でお子様とじっくり向き合う時間が少ないご家庭でも、海外留学という経験を親子で共に分かち合い、親子の絆をさらに強める機会にもなります。

親子留学のデメリット

時期により日本人が集中する

期間限定のお子様向けプログラムの場合、日本の夏休み時期に日本人が集中する時期があります。ハワイの語学学校等の場合にはクラスの大多数が日本人になってしまい、英語は学べても他国の子供たちとの交流の機会が限られてしまうことも。この問題は時期をずらせれば回避できます。

費用がかさむ

子供または大人ひとりでの留学とは異なり、当然すべて二人分の費用が発生します。しかし、親子パッケージプランとして一部で割引料金の適用や、二人で一つの部屋を利用するホームステイプランなどが提供されている学校もあります。

親子留学おすすめの国・地域

オーストラリア

広い国土と大自然を誇るオーストラリアの人々は陽気でフレンドリーです。多様性に寛容で治安も良く、便利で都会的な生活のなかでも自然や動植物に触れるアクティビティを楽しむこともできます。

ニュージーランド

はじめての親子留学にぴったりの国です。英語が公用語なのでネイティブの英語が学べることやその他の英語圏に比べて物価が低いことが特徴です。
治安も良いので海外が初めての親子でも安心して滞在できます。

カナダ

カナダ英語は英語を外国語として学ぶ人には「きれいな英語」と言われており、発音がクリアで聞き取りやすいのが特徴です。
バンクーバーやトロントのような大都市でも治安が良く、街はきれいで特に夏は海や山の自然のスポットを手軽に一日中楽しめる環境が魅力です。

マルタ

マルタにはお子様向けのプログラムを企画している語学学校がたくさんあります。
日本人学生が少なめのマルタには世界中の様々な国から生徒が集まります。
マルタはヨーロッパの中でも比較的物価が低く治安も良いとされています。世界遺産の街バレッタや地中海の美しい海と自然を存分に楽しめるアクティビティが魅力です。

ハワイ

アメリカ本土に比べ治安が良く、年間を通して気候が温暖なこと、フラやウクレレ、サーフィンなどハワイだからこそ楽しめる文化やスポーツに挑戦できることも魅力です。一部の場所では日本語が通じる環境があり、また日本の食材も簡単に手に入るので、はじめての留学にも安心です。留学費用は高めです。

まとめ

親子留学の留学先についてどこがいちばんお得か、安全かなどと悩まれる方がいらっしゃると思いますが、まずは1-2週でもよいので気になった国にお試しで行かれることをおすすめします。上記以外でも親子留学が出来る国はたくさんありますし、英語圏以外の国でも親子留学は可能です。
親子留学を通じて英語や異文化についての理解を深め、将来のお子様の留学先やワーキングホリデーの国を見つけられると良いと思います。

初めて海外で親子留学をするのであれば、親子共にストレスが少なく、楽しむことができる短期留学をおすすめします。
帰国時にもう少し長くいたかった、また行きたい、と思えたのなら大成功と言えるでしょう。

留学・ワーキングホリデーのご相談

手数料0 今月の無料
プレゼント