海外留学で利用できる教育ローン

海外留学で利用できる教育ローン

スタディアブロード公式
スタディアブロード公式

留学をしたいのに費用の面でなかなか計画が進まない方は、国の「教育ローン」の利用を検討することをおすすめします。

国の教育ローンで知られている日本政策金融公庫の教育一般貸付制度は、高校・大学・専修学校などに入学または在学する学生の保護者に対して、入学金・学校納付金などの入学費用や、授業料、通学費などの在学費用を融資する制度で留学にも利用することができます。
あくまでも融資となるため、返済することが前提となり、返済の際には金利が加算されます。

国の教育ローンは低金利で留学に必要な費用の一部もしくは全額を借りることができるので、少ない資金で留学を実現することができます。

日本政策金融公庫とは

株式会社日本政策金融公庫は、株式会社日本政策金融公庫法に基づいて2008年10月1日付で設立された財務省所管の特殊会社です。日本に5つある政策金融機関の一つとなっています。

日本政策金融公庫の留学ローンの特徴

  • 海外留学が目的であれば最高450万円まで借入可能
  • 中学校卒業以上のお子様※のさまざまな学校への3ヵ月以上の留学に対応
  • 語学学校や高校留学を含む、さまざまな学校への留学に利用可能
  • 幅広い用途に対応
    例: 入学金、授業料、入在学のための住居費用、パスポート・ビザ申請料その他の渡航費用、学生の国民年金保険料、教科書・参考書代、パソコン購入費など
  • 日本学生支援機構の奨学金と併用できる
  • 扶養する児童数に応じて幅広い世帯年収の方を支援
    例: 世帯年収(所得)の上限額は子ども3人以内で770万円(海外留学資金の場合)
  • 固定金利1.68%、最長15年の長期返済。在学期間中は利息のみの返済も可能

※すでに成人して勤務収入などの安定した収入があり、独立して生計を営んでいる方であれば学生ご本人で申し込むことは可能です。留学によって学業に専念する場合には返済の見通しが困難となるため、ご両親のうち主に生計を維持している方や親族の方が申込人となる必要があります。

まとめ

留学の費用は国や地域、通う学校の種類や留学期間などによって異なりますが、1年間のアメリカ留学の場合は最低でも300万円は見込まれます。
一定以上の成績や特定分野での優れた資質能力、その他条件によって申請のハードルが高い奨学金とは異なり、審査基準が低い点も留学ローンのメリットです。また、日本政策金融公庫の教育ローンは受験前でもお申込みが可能ですので、余裕を持って準備を始めることができます。

少ない自己資金でも留学ローンをうまく活用し、留学の夢を掴むことができます。

留学・ワーキングホリデーのご相談

LINEで質問