イギリスの無給インターンシッププログラム

イギリスの無給インターンシッププログラム

スタディアブロード公式
スタディアブロード公式

イギリスは、ワーキングホリデー参加国でもあり日本からの参加者にも大変人気の国です。

ワーキングホリデーでできる仕事の代表例は、レストランやカフェの仕事やショップ店員等です。

もちろん日本で職歴があればスキルを活かして美容関係の仕事に就いたり、ホテルのフロントなどで働くチャンスもあります。しかし、現地の会社でのオフィスの仕事等は英語スキルの問題だけでなく、一定の期間しか滞在しない外国人にとってはハードルが高くなっています。

ここでは、イギリスの企業で実際に働き、ワーキングホリデーやアルバイト等では得られない貴重な勤務経験が得られる「無給インターンシップ」プログラムをご紹介します。

インターンシップとは

インターンシップとは、主に学生が企業で研修生として働き、勤務経験を得ることのできる制度です。
インターンシップを通して専門的な知識やスキルを豊富にできるほか、今後の就職活動を有利にすすめることが可能になります。

また、インターンシップの良い点は、その職種や業務内容を限られた期間内で経験することによって、ご自身が本当に希望している仕事なのかどうかを見極めるチャンスがあることです。

海外の現地人が働く職場の日常を直に見られるのも大変貴重な経験と言えます。

インターンシップに必要なビザ

ワーキングホリデービザ(YMS)または学生ビザ(Student visa)が必要です。

※以前は、Tier5 Youth Mobility SchemeやTier4学生ビザといった名称が使われていましたが、2021年1月1日から5つのTier(層)に分けられていたビザ制度が廃止されました。
ビザの種類・内容はほぼ従来通りですが、2021年以降段階的に制度が見直されます。

学生ビザでは週20時間の就労が認められています。これを利用することでインターンシップが可能になります。

しかし、基本的には学生ビザはイギリスの大学や大学院への進学(語学学校も含む)を対象としているものであるのに対し、就労目的のビザ取得者が増えたためルールが見直されました。

その結果、最近では学生ビザを利用して無給・有給に拘らずインターンシッププログラムへの参加が非常に難しくなっています。

無給インターンシッププログラム

イギリスの非営利団体「BUNAC」は、ワーキングホリデービザでインターンシッププログラムへの参加が可能となっています。

上記団体のパートナーであり、優れたインターンシップの機会を提供しているイギリスとアイルランドの語学学校「ツインイングリッシュスクール」の無給インターンシッププログラムの特徴をご案内します。

無給インターンシッププログラム概要

  • ロンドン・イーストボーン・エジンバラで本格的なビジネスインターンの機会
  • 4-26週間の勤務
  • 英語を使う仕事
  • 英語力が不足の場合、ツインイングリッシュスクールで受講可
  • ロンドン・グリニッジのトレーニングセンターでの半日のオリエンテーション
  • プログラム修了書
  • 雇用主からのレファレンス取得
  • 24時間緊急サポート

プログラム参加条件

  • 18歳以上
  • ワーキングホリデービザ(またはイギリスで就労できるビザ)
  • IELTS6.0以上
  • 職種により勤務経験要
  • 大学生・大学院生または24ヶ月以内に卒業した方

インターンシップの職種

建築
IT
エンジニアリング
イベント管理
ファッション
ファイナンス
一般管理者
人事
法律
マーケティング
機械工学
PR・広告
不動産
小売業

貴重なインターンシップの機会を提供しているロンドンの語学学校・ツインイングリッシュスクールは、上記の職種でのインターンシップをほぼ高い確率で紹介してくれます。

申し込みと選考

ツインイングリッシュスクールは、インターン希望者への英語インタビューと書類審査を経て、プログラムの参加可否を決定します。
プレースメントが行われ、企業との面接・受け入れ決定後にスポンサー書類が発行されビザ申請を始めます。

インターンシップではOJTを提供しますので、実際に仕事をしながらスキルを習得することができます。

特に、カスタマーサービスやマーケティング、管理部門の仕事等ではOJTが役立つことが期待されます。

なお、ツインイングリッシュスクールは、他にも16歳以上対象やIELTS要件の低いインターンシッププログラムも提供しています。

イギリスの無給インターンシッププログラムのまとめ

イギリスのインターンシッププログラムでは、ワーキングホリデーではめったに就くチャンスのないイギリスの企業で働ける貴重な機会があります。

ツインイングリッシュスクールは、特にワーキングホリデービザ保有者向けに積極的に仕事を紹介しています。

アイルランドでもダブリンを中心としたインターンシッププログラムをご案内しており、4-26週までのプログラムの他、1-3週のみの短期のインターンプログラムも提供しています。

ロンドンのインターンシッププログラムでは、無料のインターンシップのみの提供ですが、無給であってもイギリスの企業で勤務した経験やそこで得た人脈や友人は今後の人生においての糧となり自身の成長に役立ってくれます。

留学・ワーキングホリデーのご相談

LINEで質問