長期留学おすすめの国3選

長期留学おすすめの国3選

スタディアブロード公式
スタディアブロード公式

これから留学する予定の方は、まずはどこの国へ留学をしたいか考える必要があります。世界には数多くの留学先がありますが、その中でも比較的治安が良く、費用も抑えながら長期で留学をするのにおすすめの国を3つ紹介いたします。これから留学先を考えていく方はぜひ参考にしてください。

◎おすすめの長期留学先:
1.カナダ
2.ニュージーランド
3.オーストラリア

1.カナダ
カナダはロシアに次いで世界で2番目に大きな国で、都会と自然が融合する国です。有名なロッキー山脈やナイアガラの滝など観光としても人気があり、比較的治安も良いとされていることから留学やワーキングホリデーをする国としても人気があります。また、以前より紹介しているCoop(コープ)プログラムができる唯一の国でもあるため、将来的に海外で就職したい人や永住したい人にもおすすめできる国です。昨今は円安も続いていますが、王道のアメリカやイギリスと比較してもレートが低めで費用を抑えて留学・ワーキングホリデーができます。
カナダの中でも一番人気のバンクーバーは横浜市と姉妹都市でもあり、初めての留学をする人におすすめです。都会的な部分もあれば自然もあるのでちょうど横浜のような利便性を持ち合わせています。日本人を含めたアジア人も多く暮らしているので、初めての留学で不安がある人におすすめです。
そして、カナダの学生ビザは現地でワーキングホリデービザへの切り替えも可能です。長期でしっかり語学を学び力をつけて、その後ワーキングホリデーでアルバイト経験や旅をしたい人に最適です。隣国のアメリカも陸続きで行けますので、アメリカが好きな人にとっても生活費を抑えつつ、アメリカに遊びに行きやすい点もカナダに留学するのメリットです。

2.ニュージーランド
留学先としてはマイナーな印象があるニュージーランドですが、長期で留学をするのにとてもおすすめの国です。ニュージーランドは南島と北島の2つの島で成り立っており、2つの島を周遊するのには約1週間程度の時間でできるくらいコンパクトな島国です。星空が世界遺産となっているテカポ湖をはじめ、自然も大変豊かな国ですので自然の中でゆったりリフレッシュしながら留学したい人におすすめです。
北島のオークランドという街は経済の街で多くの留学生はこのオークランドで生活をスタートさせています。買い物ができる場所や住宅、アルバイト先がたくさんありますので安定した生活をスタートさせやすいためです。
そしてニュージーランドの学生ビザは週20時間までアルバイトが許可されているので、生活費を稼ぐことができ、長期留学向きの国です。学生ビザからワーキングホリデーへの切り替えも国内でできますので、1〜2年と長期で滞在し続けることができます。
さらにニュージーランドは英語圏の中でもレートが安い国です。長期で留学したいけど予算があまりない人にとっても諦めずに済むかもしれません。国にあまりこだわりはないけれど、とにかく費用を抑えて語学留学をしたい人はニュージーランドが一番おすすめです。

3.オーストラリア
ニュージーランドの隣国であるオーストラリアも長期留学向きの国です。ニュージーランドと同様に自然豊かな国ですが、有名なシドニーやメルボルンなど東海岸に集まる都市は都会的です。電車やバス、トラムなどの交通機関も充実していて、ショッピングや観光、エンターテイメントに溢れています。昔から多くの留学生や移民の受け入れがされていたり、日本との時差も1〜2時間程度ですので時差ぼけに悩まされることもない点もおすすめポイントです。南半球なので季節の流れは日本と逆になりますが、基本的には温暖で、冬は寒くなりますが日本人であれば特に問題なく過ごせるくらいの気温ですので長期滞在でも安心して過ごせるでしょう。
長期留学におすすめのポイントとして、オーストラリアの学生ビザもアルバイトが許可されています。2週間で40時間までと制限がありますが、時給も高く、飲食店が多く立ち並んでいますのでお小遣い稼ぎがしやすいです。さらにオーストラリアの学生ビザは、『ブレイク』という1回最大4週間の休暇を就学中に取ることができます。この休暇は体調不良などで学校を休んでも振替ができるように使うこともできますし、アルバイトや旅行などに使っても問題ありません。1年間の勉強期間に加えて、4週間のブレイクを数回挟むことによってトータルで1年半近く滞在期間を与えてもらえるのでかなり長い時間滞在をすることができます。
そして、ニュージーランドに次いでレートも比較的安い国ですので費用を抑えて留学をしたい人にもおすすめです。

今回ご紹介した3カ国には政府に認可されている語学学校が沢山ありますのでアメリカやイギリスと変わらない質の高い英語を学ぶことができます。移民や留学生の受け入れも積極的にされている3カ国ですので日本人にとっても馴染みやすく、比較的費用も抑えめに留学できる国ですので長期留学の渡航先をお悩みの方はぜひ候補にしてみてはいかがでしょうか。

スタディアブロードでは長期留学のサポートも行っておりますので皆様からのご相談お待ちしております。

留学・ワーキングホリデーのご相談

手数料0