ロシア語学留学の費用

ロシア語学留学の費用

スタディアブロード公式
スタディアブロード公式

ロシア留学について、前回の記事ではロシア留学の都市と語学学校についてご紹介をしました。
今回は、ロシアでの語学留学の費用についてご案内します。

ロシアの物価

ロシア留学は、費用の幅が大きいことが特徴です。
それは、都市によって日本からの航空券代が異なることに加え、現地の物価も都市により違うことにあります。

モスクワやサンクトペテルブルクはロシアを代表する都市であり、世界遺産が多く、観光でも人気の街です。
しかし、観光客が多いと物価も高くなるのが必然です。
イルクーツクやハバロフスク等であれば、物価は大変低くなります。

モスクワとイルクーツクを比較した場合、イルクーツクの消費者物価は約27%も低く、レストランの値段は46%、家賃に至っては196%も低い数値が挙げられています。※Numbeo調べ

しかし、東京の物価と比較した場合、モスクワの消費者物価は東京より約48%、レストランの値段は10%、食料品は62%、家賃は32%も低いことから、ロシア随一の大都会であるモスクワでも、生活にかかる費用は東京に比べて全体的に低いことが分かります。

ロシア語学学校の費用

私立の語学学校(週5日・15-20レッスン)のグループレッスンの4週間の平均的な授業料は、約6万円-16万円です。
授業料の安い学校もありますが、プライベートレッスンを追加すると高くなる傾向にあります。

ホームステイ(個室・朝食付き)を含めた4週間の費用は約13万-27万円です。

教師宅ホームステイ(個室・3食付き・プライベートレッスン)の場合は、1週間あたり約13万円〜の利用が可能です。

ロシア留学は滞在する都市によって、費用が大きく異なるのが特徴ですので、費用を中心に考慮して留学したい場合は、先に留学する都市を決めてから学校選びをすることをおすすめいたします。

航空券代

成田空港からモスクワまでは、現在、乗り継ぎ便で8万円前後からチケットが購入できます。
コロナ禍では直行便は減便されており、チケットの値段は13万-20万円前後となっています。
成田空港からウラジオストクの直行便チケットは4万円前後で購入することも可能です。

ロシアは大変広く、都市によって日本からの距離も大幅に異なるため、航空券の料金も異なります。
乗り継ぎ便ではソウルやパリ、ヘルシンキ経由等、選択肢が多くありますので、比較サイトを利用してお得なチケットを探すことをおすすめします。

宿泊費

ロシアのホームステイ料金も、やはり都市によって変わります。
ホームステイは朝食付きのプランが主流ですが、朝・夕食付きのプランが選べる学校もあります。1ヶ月のホームステイ(朝食付き)の費用は7-12万円が目安です。

ロシア留学のホームステイの食事は質素な場合が多いため、ご自身の好きなものを買い足したりする必要もあるかもしれません。

また、Wi-Fi等の環境が整っている家庭は多くありませんので、ホームステイを申し込む際には事前に確認が必要です。

ホームステイ以外の滞在方法は、学生寮やアパートのシェアが一般的です。

モスクワや都市部のアパートのシェアは1ヵ月平均5万-6万円です。
その他の都市では1ヵ月平均2万-4万円ほどで 見つけることができます。

モスクワで外食をした場合、気楽に入れるレストランでは1名約1,200円、マクドナルドのセットは約550円と、日本とほぼ同じか、少し安いくらいです。
モスクワには寿司レストランやラーメン、うどん等、日本の味を手軽に楽しめるレストランがありますが、外食費は決して安くありません。
長期の留学で食費を安くしたい場合には、学生寮やアパートでの自炊がおすすめです。

1ヶ月の平均的な食費は約2万-3万円です。物価が安い地域は1万円前後で十分な場合もあるようです。

留学保険

ロシアの現地医療保険に留学生は加入することができません。
そのため、短期の留学であっても留学保険の加入を強くおすすめします。

1ヵ月のロシア留学の海外旅行障害保険料は平均で約1万-2万円です。

ビザ費用

ロシアに入国するためには、期間や目的に関わらず必ずビザを取得しなければなりません。
留学ビザには有効期間90日のシングルビザとダブルビザがあります。

申請は日本のロシア領事館で行うことが出来ます。
ビザ発給については、原則として申請から10勤務日以内に行われます。

ロシアのビザは原則無料で発給されますが、急いでいる場合等、申請から発給までの日数を短縮する場合は、1万円程度の特別料金の支払いが必要となる場合があります。

ロシア留学の費用のまとめ

ロシア留学の費用は、一般的に欧米諸国の留学費用に比べて低めであることが分かります。

語学学校の留学費用は、週数に応じて留学費用の割引率が大きくなる学校や、お得なキャンペーンを案内している学校もあるので、長期留学の場合は長く通える評判の良い学校を探すと良いです。

また、ロシア語学留学では渡航費も費用の大部分を占めます。
航空運賃は便数によっても異なりますし、観光シーズンには料金設定が高めになります。

広大なロシアには異なる魅力と特徴を持った都市がたくさんあります。
どの都市で留学するかを決めたら、航空運賃を調べ、希望の日程で語学学校に入学できるかを問い合わせしてください。

ロシア留学の都市と語学学校

留学・ワーキングホリデーのご相談

手数料0 今月の無料
プレゼント