社会人におすすめの留学

社会人におすすめの留学

スタディアブロード公式
スタディアブロード公式

社会人の留学は、キャリアアップやスキルアップ、リフレッシュ等、目的によってさまざまな選択肢があります。
有給休暇を使った短期の語学留学を除いて、社会人になると長期の休暇を取りにくいため、留学のために休職や退職などの選択を迫られる場合が多くなります。
また、留学によるブランクを懸念してなかなか決断できない方もいらっしゃると思います。

ここでは、社会人の方におすすめしたい留学スタイルをご紹介します。

語学学校でビジネス英語を学ぶ

仕事を辞めずに行くのであれば、1週間から参加できるビジネス英語プログラムがおすすめです。
通常ビジネス英語プログラムは複数の学習テーマが設けられており、数週間ごとにテーマが変わります。テーマの中でも毎週新しい学習事項を学ぶので、1週間だけの留学でもテーマ内の内容をしっかり学ぶことができます。
事前にどのテーマについて学習ができるのか、学校のプログラムスケジュールを問い合わせて確認するとよいでしょう。
グループレッスンにプライベートレッスンを追加して、短期でも集中的に学ぶ方法もあります。

語学学校

教師宅ホームステイで学ぶ

短期で集中的に効率よく留学をしたいのであれば、教師宅ホームステイがおすすめです。マンツーマンのレッスン時だけでなく、レッスン以外の時間も講師と共に過ごすことで短期でも現地の言葉に浸かり、現地の文化や慣習に触れ、密度の濃い時間を過ごすことができます。教師宅ホームステイでは、ビジネスプロフェッショナルのための英語やIELTS等の各種英語試験に対応できる経験豊富な講師が多いので、希望にあった授業を受けることが可能です。

教師宅ホームステイ

インターンシップで海外で働く経験を得る

海外で働く経験がしたい方やキャリアアップに結びつくスキルを習得したい方は、インターンシップが出来るプログラムの受講をおすすめします。インターンシップが出来るようになるまでは座学の時間が数ヶ月あるため、長期での留学が必須となります。

大学院で専門分野の研究をする

少なくとも1年またはそれ以上の期間の留学になりますが、海外の大学院にで修士号や博士号の取得を目指すという選択肢もあります。海外大学院の費用は語学留学よりも高めですが、奨学金制度を利用したり学費が無料の国で留学すると節約につながります。
また、入学時期が複数回ある上、1年で修士号が取れ、ヨーロッパの複数都市のキャンパス間で場所を変えながら自由に学べる大学院もあります。

大学のエクステンションコースで学ぶ

エクステンションコースとは、大学が一般の社会人や留学生を対象として開講している様々なコースです。コースにはビジネス系のものが多く、キャリアに直結する内容となっています。また、留学生向けにESLの集中プログラムやビジネス英語プログラムもあり、大学のキャンパス内で学ぶことができるのが魅力です。
通常ESLプログラムを除いて中級程度の英語力が求められますが、大学院への留学に比べて費用や入学の難易度は低めです。数ヶ月から1年未満の受講でサーティフィケートを取得することができることもおすすめのポイントです。

ワーキングホリデー

ワーキングホリデーは基本的に18歳から30歳の方が協定国で最長1年間の滞在ができ、現地で働きながら海外生活ができるプログラムです。また、現地で収入を得ることで費用を抑えることができるのも魅力です。
日本で職歴があれば、スキルをそのまま活かして働くチャンスもあります。ニュージーランドやオーストラリアなどでは語学学校にバリスタのプログラムがあり、資格を取ってカフェで働くという選択肢もあります。
数は多くないかもしれませんが、現地の日系人材会社に登録し、オフィスの仕事に就くことも可能です。

ワーキングホリデー

まとめ

社会人留学はキャリアアップや新しいスキルの習得につながること、留学を通して人脈を広げられたり、ライフプランを見つめ直す機会を持つなど様々なメリットがあります。長期的な留学を決断する場合は、目的を定め、実現できる留学を計画しましょう。

留学・ワーキングホリデーのご相談

手数料0 今月の無料
プレゼント